子ども椅子をとうとう処分、戻ってきたデンマーク製スクールチェア

f:id:salmon12:20170919132020j:plain

 

 成長に応じて調節できる子ども椅子、ありますよね。

 

離乳食が進んできて子ども椅子が必要だ、となった時にそんな椅子の代表格トリップトラップを購入しようか、迷いました。(現在子どもは3歳です)

 

夫側の姪っ子ちゃん2人には、それぞれトリップトラップを出産祝いで贈っています。座面の高さが調節できるって画期的ですよね。

 

はじめは我が家も買おうか、という雰囲気でした。が、その当時家にはすでにいくつもの椅子がありました。(飾ってあるだけ、夫のもの)こんなに椅子があるのに(子ども椅子はないけれど)買い足すのか・・むしろ減らしたい位でした。

 

減らしたい妻VS残したい夫

f:id:salmon12:20170919160200j:plain

 

広い家だったらいいんです。椅子、いくつあっても。置きたいくらい。

でも、我が家は狭い(55平米)。

 

子ども椅子は必要だったので買う前提で、夫に迫ります。

トリップトラップ買うなら、今使っていない椅子を処分してほしい」

 

以前記事にしましたが、夫はコレクター気質です。

salmon12.hatenadiary.com

 

椅子はクローゼットに収まらないので、部屋のあちらこちらに置いてありました。

 

夫の答えは「椅子は捨てたくない」でした。

毎週、椅子を磨いているとかだったら分かるのです。が、椅子の手入れをしているのは私なのです。そのことを武器にさらに迫ります。

 

夫も考えた結果、当時出した答えは「ばぁちゃんちに置かせてもらう!」でした。

いや~、最もダメなパターンじゃないですか?

 

結局、椅子が色々な所に置いてあると乳幼児には危ないので、おばあさまに甘えさせてもらうことにしました(私も加害者です・・)それでも何脚かは人に譲り、2脚をおばあさまのお家で保管させてもらっていました。

 

肝心の子ども椅子ですが、預かってもらっている椅子をいずれは戻すことになったのでトリップトラップは辞めて、その類似品(価格は4分の1)を購入し現在まで使用していました。

 

子どもも成長し、もうそろそろ普通の椅子でも大丈夫だろうとのことで、先日引き取りに行きました。息子は戻ってきた椅子を「僕の椅子」と言い、気に入っています。(足が床につかないのはいいのか、少し心配なのですが)

 

現在はこの椅子に合うクッションを探し中です。(因みにこの椅子、大人では座面が高く座りにくいです。以前は荷物置きに使用していました)

 

そして、夫の変化

「預かってもらっているもう1脚はどうするのか」と聞いたところ、夫の返答は「売ろうかな」でした。シンプルライフは伝染するようです!

 

次は、ジョイントマットを処分予定です。(写真にもボロボロのものが写っています)これは本当に捨てたい・・。