子どもにおもちゃを片付けさせたい、私のやり方の失敗と改善

f:id:salmon12:20170825185210j:plain

 

我が家には3歳の息子がおります。まだ幼稚園には通っていません。

 

毎日毎日、部屋いっぱいにおもちゃを広げます。

 

1つ使ったら片付ける、という概念は彼にはありません(そう教える方がいいのは分かっていますが)

 

私もそこまではまだ求めていません。

 

普段の生活パターンとして、夕飯後に全部片付けるという風になっています。

(朝出したおもちゃもそのままで、外出しています)

 

夕飯後、子どもに一日で散らかしたおもちゃを片付けさせるのってなかなか大変です。

 

私は私で夕飯の後片付けがあるので、声掛けのみとなります。

 

その声掛けで失敗したなぁと感じたことがあります。

 

 「〇〇を片付けて~」と指示していた時の失敗

いつも、私は夕飯の片付けをしながら「おもちゃを片付けて~」と声掛けしています。

 

「片付けて」という言葉数回だけで、きれいに片づけをしてくれる日もたまにあります。(息子の気分次第です)

 

ですが、10回20回、「片付けの時間だよ~」と言っていても全然片付けないという日の方が多いです。

 

そういう日は私もイライラしてくるので、「まずはレゴ片付けて~」とか「次はトミカね」とか、いちいち指示をしてしまっていました。

 

そうすると、子どもは私の指示を待つようになってしまいました。

「何から片付ければいいの?」と聞くように。

 

私が「何でもいいよ、好きなものから片付けて~」と言うと、息子は「分からないよぉ」と答える始末。

 

私の指示がないと、自分で考えられないようになっている気がしました。

 

これではまずい、と思い声掛けを変えてみました。

 

「何から片付けたらいいと思う?」と聞く

「分からないよ~」という息子に対して、「お母さんも分からないんだけど、〇〇(息子の名前)は何から片付けたらいいと思う?」と聞き返すようにしました。

 

これも結局、息子の気分にはなりますが、息子なりの決め方が出てきました。

 

「え~とね」と言いながらお絵かきボードを持ってきて、そのお絵かきボードに片付けるものを自分で書きながら(〇とか△とか)、片付けるものを自分で決めていくとか

 

おもちゃのサングラスをかければ、片付けるものが分かるとか

(片付けるときはサングラスを外して、一つ片付け終わるとまたかけて次に片付けるものを決める)

 

時間はかかりますが、面白いな~と思いながらみています。

子育てに「速さ」は求めないように気をつけてはいます。

 

遊びの延長で片付けが出来るのが一番いいのかもしれませんが、1日中相手をしていると(それも毎日)、夕方にはもうヘトヘトです。 

 

この後も、歯磨きしなきゃお風呂入れなきゃと寝かせるまで続くので。

 

上手く手を抜いて片付けさせられたらいいなと思います。