映画「20センチュリー・ウーマン」を観ました、映画のチラシを捨てない理由

f:id:salmon12:20170806121243j:plain

(映画のチラシには「母と息子のラブストーリー」と書かれています)

 

 

思春期の息子、大変そうです。

私も息子がいるので(3歳)完全に母親目線です。

 

私は「生活感」が見える映画が好きなので、この映画は好みでした。

インテリアも可愛く、映像もきれいです。

監督はグラフィック・デザイナーもしているとか。(マイク・ミルズ監督)

 

時代は1970年代。

映画の中で派手なことは起こらないけれど、人が人を支えて生活をする。

それだけだから、心に残るものがありますね。

 

お母さんがチャーミング!

 

映画、映画館で観ますか?

 子育て中は、そんな時間滅多にとれませんよね・・。

私も、とれません。しかも地方に住んでいるので、こういったミニシアター系の映画は上映期間が短い上に、1日一回のみの上映です。

 

多少無理してでも、映画館に行かせてもらうと(夫の協力の元)やっぱり元気がでます。

映画館で映画を観るって、最高の娯楽だと思っています。

 

心に残ることに自分のお金を使いたいです。

 

映画のチラシ好きです、主に単館系

f:id:salmon12:20170806121332j:plain

 

タダで貰えるチラシ。映画の見所がぎゅっと詰まっていて、面白い。

好きなデザインはファイルに入れて保管しています。

 

他の方から見れば、この紙は「無駄」なものだと思います。かさ張りますしね。

「紙ものは捨てる」が基本かもしれません。

 

f:id:salmon12:20170806121857j:plain

 

f:id:salmon12:20170806122514j:plain

 

でもやっぱり好きなのです。

 

高校生の頃に貰ったチラシを見ると、高校生の頃の気持ちが蘇ります。

f:id:salmon12:20170806121920j:plain

(アメリが上映されたのは高校時代、前の席の子が教えてくれた)

 

 これを捨てれば空間が出来るでしょう。

でも、邪魔だと思ったことは一度もないです。

 

なくても絶対に困らないけれど、やっぱり捨てられない。

 

このファイルに収まる分だけ、と決めて厳選中です。

 

 無駄か必要かは、自分が決めることです。

「生活に必要なものだけ」にしてしまうのは何だか味気ないなぁ、と思わずにはいられません。