無印良品、ノンカフェインの「水出しアロマティー」が美味しい、お茶を淹れる習慣をつくる

f:id:salmon12:20170731195156j:plain

(マスカット&グリーンルイボス)

 

水出しですが、熱湯を注いで温かく飲んでいます。

 

マスカットの爽やかな香り、おいしい。

他のフレーバーも試してみたいです。

 

子どものお昼寝の時間やひとり時間に、好きなお茶をいれて飲みます。

心休まります。

 

コーヒーはあまり飲みませんが、カフェインが含まれる紅茶をたくさん飲むと寝付きが悪くなるので、ノンカフェインで好きな味だととても嬉しいです。

 

普段は、ルイボスティーを常飲しています。(メーカーは色々)

無印の「焙煎米&グリーンルイボスティー」も、玄米茶みたいな味で香ばしく美味しかったです。こちらもノンカフェインなので、お茶を飲みたい妊婦さんや授乳中の方にはいいかもしれません。子どももゴクゴク飲んでいました。

 

子どものお昼寝時間の過ごし方

f:id:salmon12:20170801175537j:plain

(素敵だなぁと、うっとり)

 

息子は3歳ですが、まだ1時間半くらいお昼寝をしてくれます。

 

私も一緒に寝てしまうことが大半ですが(息子より先に寝ている)、たまに起きていられた時は必ずお茶を淹れて、ぼーっとします。

 

勿体ないかな~、何かやった方がいいかもなぁと思うこともありますが、子育ては体力を備えるに限ります。なので、私は自分のやりたいことよりも、体力温存を優先しています。

 

ママ友に聞くと、録り溜めていたテレビを見るとか、家事をするとか、過ごし方が色々で面白いです。

 

私はこの時間、テレビも付けないし、小説も読みません。

お茶を淹れて、読むとしたら写真多めの雑誌か、生活本、写真集ばかりです。

なるべく頭を使わないように。

 

お茶の時間、お茶を淹れる習慣

「お茶を淹れる」ということを習慣化するのは、良いことだなと思います。

思考や疲れも一度、リセット出来るからです。

 

仕事も家事も育児もノンストップでやるよりも、5分でも休みを挟んだ方がはかどる気がします。自分で自分を忙しくしてしまっていることもあるので。 

 

子どもが小さいとその5分ですら、取れないこともありますよね。

隙を見て上手く子どもを誘導して、小休憩を取りたいものです。