「stone wear」のお皿を追加購入、暮らしの愛用品

f:id:salmon12:20170726163955j:plain

(買い足した食器、良い色のネイビー)

 

数ヶ月前に、日常使う食器を買い替えました。

家具屋さんで見つけた「stone wear」のお皿、こちらです。

f:id:salmon12:20170726164122j:plain

 

これが使ってみると、とても使いやすくて!

  1. 電子レンジが使用できる
  2. 汚れが落ちやすい(表面がツルツル)
  3. 軽い
  4. 料理を合わせやすい(料理映えする)
  5. ガシガシ使える

何より、盛り付けが楽しくなりました。

 

家具屋さんに再び行くと、好きなネイビーが!(以前はなかった)

小さ目の取り皿を追加しました。

 

「stone wear」とは、家具屋さんに聞きました

私も手にするまで「stone wear」という単語を知らなかったのですが、どうやらそれは炻器(せっき)と呼ばれる材質のようです。磁器と陶器の中間的性質で、傷が付きにくく、汚れも落ちやすいとか。

 

家具屋さんによると、昭和の時代によく食卓に上っていたそうです。

日本のメーカーが昔、輸出用に作っていたものでロゴが英語なんだそう。

f:id:salmon12:20170726174221j:plainf:id:salmon12:20170726174257j:plain

(良いロゴです)

 

今はメーカー自体がもうなくなっていたりすると言っていました。

 

お皿を変えるだけで、お料理がおいしそうに

それまでは頂きものの食器を使っていました。

お皿を揃えるって、後回しになりませんか?

 

同じものを盛るでも、お皿によって全然違ってみえます。

 

夫は帰りが遅いので、お皿にラップを掛けて置いておきます。

出来立てでなくても、お皿の力で食材が少し活き活きと見える気がします。

 

毎日手にするものこそお気に入りが嬉しいです。