夫がまたまた掛け時計を買ってきた、夫の趣味との付き合い方

f:id:salmon12:20170816134610j:plain

 

夫婦で古い家具が好きという共通項があります。

主に、デンマーク、イギリス、アメリカ辺りの家具です。

 

私の趣味が結婚後に夫に伝染し、今では夫の方が詳しいという状態です。

 

そんな、古い家具、雑貨好きの夫が、また掛け時計を買ってきました。

 

今回は「SMITHS(スミス)」のヴィンテージ時計(写真上)です。

 

我が家の間取りは2LDKなので、部屋は3つしかありません。

 

夫が買ってきた古い掛け時計、これで6つとか7つ目です。

 

部屋の数と時計の数、釣り合っておりません。

 

夫の趣味との付き合い方と微妙に違う好み

私も家具好きですが、基本的に必要な分しか要りません。

 

すでに持っていれば欲しいとも思いません。そして、雑貨はあまり必要に感じません。

 

必要なそのひとつにこだわりは求めますが、例えば時計はひとつで十分です。

 

男性ってコレクター気質ではありませんか?

 

今回買ってきた時計、材質がベークライトなのですが、ベークライトの超似たような時計(メーカーは違う)がすでに我が家には2つもあります。(これも夫が買ってきた)

 

はじめは、私も器が小さいので、「まじでやめてくれる?似たようなのいっぱいあるじゃん」と怒っていました。

 

しかも、私はそこまでベークライト好みではないのです。出来れば部屋に掛けて欲しくはない。

 

夫は工業的で無骨なものが好き、私はもう少し柔らかいものが好き。

微妙に好みも違うのです。

 

これはまだ好きな方。

f:id:salmon12:20170816142544j:plain

 

 でも、考えました。

 

夫は自分のお小遣いで、買ってくるのですが、それが唯一の楽しみなのです。

お酒は飲まない、ギャンブルもしない。家具屋さんと話すことが息抜き。健全です。

 

自分の働いたお金、好きなものに使いたいのは当然です。

お小遣いが少なくなっても文句言わないで働いてくれるわけで。

 

不必要に飾られるのは困りますが、自分のクローゼットに入る分なら良しとしました。

 

「ここに収納できる分だけなら何をどうしようといい」と決めたら私自身も楽になりました。

 

ものが増えることにイライラし続けるより、線引きをしてしまうことが私には合っていました。

 

時計を眺めて、嬉々としてる姿を見ると、何も言えなくなります。

 

ですが、夫のクローゼットはカオスです。

 

さいごに、私の唯一好きな掛け時計

夫の好みと微妙にずれがあるとは先述しましたが、唯一のヒットはこれです。

f:id:salmon12:20170816145408j:plain

 

ユンハンスの陶器時計。

 

これだけは外さないでもらっています。

 

折り合いは大切ですね。

出窓のブラインドをやめて遮像レースカーテンへ、ブラインドの良し悪しとポイント使いのカーテン

f:id:salmon12:20170811225451j:plain

 

先日、入居してからずっと(8年間)つけていた出窓部分のブラインドを外し、レースカーテンに変えました。遮像タイプのもので、電気を付けても外から見えないとのこと。

 

ニトリでオーダーしました。

 

オーダーといっても、3千円位でした。お値段以上です。

 

遮像タイプ、中々ないんですよね。

 

真っ白にしたので、部屋が明るくなった気がします。

 

 ブラインドをやめたわけ

もうそれは、掃除が面倒だからです。

 

ブラインド、見た目はシュッとしていて、恰好いいです。

部屋も広く見える。

 

ですが、掃除が本当に大変。すぐ埃がたまる。

 

ブラインド自体の掃除も面倒ですが、ブラインド奥、出窓部分の掃除が億劫になります。

 

ブラインドをわざわざ上げて、出窓を掃除するのですが、「ブラインドを上げる」というワンアクションが面倒になって、掃除を怠ってしまいます。

 

カーテンのレール部分にも埃がたまりやすく掃除がしにくいこともストレスでした。

 

カーテンは開け閉めが簡単で、出窓の掃除もしやすいです。

 

レースだけの予定でしたが、家にあった生成りのカーテン(遮光なし)を合わせると、感じがよかったので2重に付けることにしました。

 

全て白系で統一したので、出窓部分をカーテンに変えても部屋の雰囲気が重くなりませんでした。

 

小さな窓、ポイント使いのカーテンは柄物に

f:id:salmon12:20170812151714j:plain

 

我が家は賃貸ですが、角部屋で隣と接していないせいか窓が多いです。

 

大きい窓や出窓は無地で白や薄めの茶系ですが、一番小さな窓だけ柄物を取り入れています。

 

好みもあるかと思いますが、ポイントに好きな色味をおくと部屋が明るくなる気がします。

 

入居時カーテンを探していた際に、一目ぼれした、マリメッコのヴィンテージ生地。1981年製造のようです。

 

母にカーテンを作ってもらい、以来8年間飽きることなく使っています。

 

柄物だけれど水色と白の2色のみ、というところが我が家に馴染む理由かもしれません。

 

カーテンは洗濯が面倒ですが、天気のいい日に洗うととてもスッキリします。

きれいに維持したいです。

いつものメイク(日焼け止めのみ)を見直し、チークとカラーリップを足すだけで顔色が全然違いました

f:id:salmon12:20170809215306j:plain

 

毎日暑いですね。暑すぎてやる気が起きません。

そんな中、メイクの話って余計暑くなりそうです、すみません。

 

でも、この暑い中今日も軽くメイクしました。(出掛ける用事があったので)

女性って大変です。

 

私は普段の生活で、人に会うということがほとんどありません。

 

公園や幼稚園の開放でママ友に会ってしまうということくらいです。

 

なのでいつもは、日焼け止めのみ(お粉は付けたり付けなかったり)という超手抜きです。(会社勤めの時は、お化粧きちんとしていました)

 

以前はあまり気にならなかったのですが、30代が進むにつれて段々と諸々が気になるように。⇒(あれ、今日疲れた顔してる)とか(唇の血色悪っ!)とかです。

 

そういう時ありませんか?

 

チークとリップ、足す所要時間はたったの1分

f:id:salmon12:20170810153511j:plain

(この形のチークブラシがとても使いやすい、化粧下手でもふんわりのせられます)

 

「たった1分の手間」で顔色ってこんなに違うということに驚きです。

 

顔色って、人に印象を与えやすい気がします。

 

因みに、私は初対面で性格が明るく見られることがありません。

実際、明るくはないので間違ってはいませんが(笑)

顔色も影響していると思います(どちらかというと青白い)。

 

人にどう見られるかって、今まではあまり気にしてこなかったのですが、私も人の親となり、息子が友達に〈お前の母ちゃん、覇気ねぇな!〉とか思われないようにしたいなと思った次第です。

 

自力でカバー出来ないところはメイク用品に頼って、カバーしていく年齢なのだなと実感しています。(すっぴんが美しいに越したことはありませんが)

 

唇の血色の悪さは、加齢が原因だそうです。(美容師さんに教えてもらいました)

仕方ありませんよねぇ。

 

唇が荒れないカラーリップ見つからず、模索は続く  

カラーリップは以前も付けていたのですが、お気に入りのリップで唇が荒れてしまうように・・・。(オーガニックでしたが、成分が合わず)

 

こちらの記事でも触れました、「オリーブ果実油」が合わないのです。

salmon12.hatenadiary.com

 

 できれば、リップはオーガニックがいいなと探していましたが、「オリーブ果実油」が入っていないものはなくて。

 

ケミカルも試みていますが、やっぱり荒れてしまいます。

 

色味、つけ心地、すべてが合うものに出会いたいです。

おすすめあったら教えてください。

夫が「お金持ちの思考」になっている、と気付いた会話

はじめに伝えておきます。我が家はお金持ちではありません。

賃貸アパートに住む、ふつうの家族です。

 

f:id:salmon12:20170806191329j:plain

 

夫は、小さな頃から「これでガチャガチャやりな」と100円玉を渡されても、ガチャガチャの前でそれを握りしめて、じーと眺め、結局やらないでそのお金を取っておく、というような子だったようです。

(義母の談)

 

何か目に浮かぶ、そう思っていました。

 

我が家はお小遣い制ですが、私が仕事を辞めてから夫のお小遣いはとっても少な目になりました。

 

以前の夫の思考:お金は使えば減る

夫は、会社で飲み物を買ってしまう度に〈お小遣いが減っちゃう〉と思っていたみたいです。(水筒は持って行っています)

 

ですが、少ないお小遣いの中で、出張時にお土産を買ってきてくれたり、仕事帰りに甘いモノを買ってきてくれたりしていたので、ケチだと感じたことはありません。

(催促はしていませんよ)

 

良く言えば、堅実というところでしょうか。 

 

現在の夫の思考:お金は使えば、巡ってくる

最近、夫から発せられた言葉です。

「お金は使わないと、回ってこないと思うんだよね~」

 

私としては「!!!!」という感じでした。まさか夫からそんな発言を聞けるとは。「どうした!?」という感じ。

 

私自身は人の家計ブログなどを見て、そのようなことが多く書かれていることも知っていましたし、そういう思考になりたいなぁとは常々思ってはいました。

 

なので、細かいことは気にせずというタイプです。

使うときは思い切り使い、締めるときは締めればいいかなと。

 

夫は、人のブログやそういった本を読むはずもなく、経験上感じたようです。

 

ガリガリ君(アイス)を5本差し入れしたら、気安く話しかけてもらえるようになって、仕事がしやすくなった、安いものだよ」

 

夫は営業職ではありません。一緒に働く仲間に対してということです。

 

夫のそういう考え方、いいなぁと思います。

 

よくある言い方ですが、「お金に好かれる」使い方を考えたいですね。

映画「20センチュリー・ウーマン」を観ました、映画のチラシを捨てない理由

f:id:salmon12:20170806121243j:plain

(映画のチラシには「母と息子のラブストーリー」と書かれています)

 

 

思春期の息子、大変そうです。

私も息子がいるので(3歳)完全に母親目線です。

 

私は「生活感」が見える映画が好きなので、この映画は好みでした。

インテリアも可愛く、映像もきれいです。

監督はグラフィック・デザイナーもしているとか。(マイク・ミルズ監督)

 

時代は1970年代。

映画の中で派手なことは起こらないけれど、人が人を支えて生活をする。

それだけだから、心に残るものがありますね。

 

お母さんがチャーミング!

 

映画、映画館で観ますか?

 子育て中は、そんな時間滅多にとれませんよね・・。

私も、とれません。しかも地方に住んでいるので、こういったミニシアター系の映画は上映期間が短い上に、1日一回のみの上映です。

 

多少無理してでも、映画館に行かせてもらうと(夫の協力の元)やっぱり元気がでます。

映画館で映画を観るって、最高の娯楽だと思っています。

 

心に残ることに自分のお金を使いたいです。

 

映画のチラシ好きです、主に単館系

f:id:salmon12:20170806121332j:plain

 

タダで貰えるチラシ。映画の見所がぎゅっと詰まっていて、面白い。

好きなデザインはファイルに入れて保管しています。

 

他の方から見れば、この紙は「無駄」なものだと思います。かさ張りますしね。

「紙ものは捨てる」が基本かもしれません。

 

f:id:salmon12:20170806121857j:plain

 

f:id:salmon12:20170806122514j:plain

 

でもやっぱり好きなのです。

 

高校生の頃に貰ったチラシを見ると、高校生の頃の気持ちが蘇ります。

f:id:salmon12:20170806121920j:plain

(アメリが上映されたのは高校時代、前の席の子が教えてくれた)

 

 これを捨てれば空間が出来るでしょう。

でも、邪魔だと思ったことは一度もないです。

 

なくても絶対に困らないけれど、やっぱり捨てられない。

 

このファイルに収まる分だけ、と決めて厳選中です。

 

 無駄か必要かは、自分が決めることです。

「生活に必要なものだけ」にしてしまうのは何だか味気ないなぁ、と思わずにはいられません。

子どもにテレビを見せることをやめてみました、結果。

f:id:salmon12:20170804180606j:plain

 

子どもにテレビを見せますか?

 

少し前、子どもにテレビを見せない生活を試みていました。

子どもはそのとき2歳後半でした。

ざっと3ヶ月くらいです。

 

私自身はそこまでテレビに関心がなく、なくても全然平気です。

むしろ、うるさいなぁと思います。

 

逆に夫は、朝、カーテンよりも先にテレビを付けるような人。

帰ってきてもまずテレビを付ける。

 

夫婦で全然違うタイプです。

 

 子どもにテレビを見せることをやめたわけ

子どもの月齢が小さい時からテレビを付けて子育てしていました。

 

言葉を理解するようになる前は、テレビをつけていても見たり見なかったり。

興味があるものだけ見ているようでした。

 

言葉を理解して、自分も話せるようになる頃には、じーっとテレビを見るように。

 

子ども向けの教育番組って一度見始めるとキリがないのです。

夕飯の時間になっても、やめられない。

ひどい時は、テレビを消そうとすると泣いて、わめくようになりました。

 

一度テレビをつけてしまうと、結局リズムが乱れます。

支度も遅くなるし、夕飯がずれると寝る時間も遅くなります。

 

3歳未満の小さな子供に、テレビを見る時間を決めるというのは難しかったです。

もう、「見せる」か「全く見せない」か、0か100かしかないと思いました。

 

そこで我が家は「全く見せない」ことにしました。

(少し前に3歳になり、そこからは1時間だけと約束して見せています)

 

テレビを見せなくなったらどうだったか

 泣きわめいたら面倒だなぁと心配していましたが、泣いたのは初日だけでした。

 

テレビは壊れたと言い聞かせていました。

実際に電源を入れてもつかないようにしたので、本人は納得したようです。

 

テレビを見せなくなって、私自身がいかにテレビに頼って子育てをしていたのかと分かりました。

 

夕飯の支度もテレビがあるとないとでは、はかどり具合が全然違います。

 

息子は一人で黙々と遊ぶタイプではなく、常に構ってほしい子です。

何をやるにも、私とやりたいという感じ。

(夕方だけです、朝の家事の間は一人で遊べます)

 

私も夕飯の支度があるので、手を何度も止めながら、相手をしていました。

息子はずっと、キッチンにいる形となりました。

 

これを機に、一人で黙々と遊んでくれるかなという淡い期待がありましたが、そう上手くはいきませんね。

 

先述しましたが、3歳を機にテレビは夕方の1時間だけ復活しました。

 

息子は歌が好きなので(家でずっと、ひとりで歌っています)、テレビから得る歌も必要かなと思っています。(まだ幼稚園には通っていないので)

 

テレビをやめて、何かが劇的に変わったということはありませんでしたが、一時でもテレビをやめたことで、その後、息子がテレビを見る時間を守ってくれるようになりました。(たくさん見ると、また壊れちゃうよと教えているので)

 

きっかり1時間で、自分でテレビを消します。

その習慣付けが出来たことはよかったと思います。

 

最近は、テレビを消してもキッチンに来ることもなく一人で遊んでいます。

 

成長はあっという間ですね。

セールで長袖ワンピースを購入しました、チープ・シックという考え方

f:id:salmon12:20170730174954j:plain

 

先日、インターネットで長袖のワンピースを買いました。

コットンリネンのワンピース。

 

実は、今年の春頃から目を付けていたものです。

 

ふだん着るラフなワンピースが欲しいなぁと思っていました。

スーパー行ったり図書館行ったり、つまり公園には行かない日に着れるような。

 

こちらでも少し触れています。

salmon12.hatenadiary.com

 

日常着って、子どもと過ごすので消耗が激しいです。

なので、あんまり高いと手が伸びにくいです。

 

今回のワンピースも定価でちょっと躊躇してまして、セールまで待って半額になったと同時に購入に踏み切りました。

 

私なりの日常着の選び方

f:id:salmon12:20170803140130j:plain

(夫のもの、勝手に拝借してたまに読んでいます)

 

本音を言うと、ふだんからちょっと良いもの、質の良いものを着ていたいという憧れはあります。

 

ですが、引っ張られたり汚されたりは日常茶飯事。

汚されるかも破れるかもと、洋服のことを気にして過ごすのは、おかしいですよね。

 

なので、基本的には日常着は「丈夫さ」が一番のポイントな気がします。

大切にしているのはやっぱり生地感です。デザインよりも生地感を重視します。

 

・ちょっとやそっとじゃへこたれない服

・アイロンを掛けなくてもいい服

・着ていてゆとりがある

・コットンやリネンなど、自然素材中心

・日本製だと嬉しい、USA製も好き

 

私の場合、お出掛け着はまた別ですが、日常着はペラペラしていない生地にぐっときます。

 

ファストファッションは買わない、目指すはチープ・シック

f:id:salmon12:20170803140234j:plain

(初版は70年代アメリカ、図書館でたまに借ります)

 

値段に関係なく、「気に入ったもの」を「出来るだけ長く」着ていたい。

 

ワンシーズンで総入れ替えする方もいるかとは思いますが、それはファストファションが浸透しているからなのかなと思います。

(毎シーズン総入れ替えって結構お金が掛かると思うので)

 

チープ・シックの根底は、自分のスタイルを持とうということだと思います。

 

 洋服に無駄なお金や時間、労力を注ぐことをやめようということかなと。

 

むやみに流行を追い求める必要もないし、高いものばかりを身に着ける必要もない。

お金を掛けるところ、抜くところのメリハリを付けようということ。

 

そして、何より自分の身体そのものを磨こうということ。

 

背筋がしゃんと伸びている人、しっかりとした健康美を持っている人は結局、何を着たって恰好いいです。

  

「シックな着こなし」「シックな人」、憧れます。

そういう風に歳を重ねたいものです。